目や目元の紫外線対策をしている人は少ない。

目や目元の紫外線対策をしている人は少ない。 紫外線、活性酸素、糖化、微弱炎症etc...肌老化を引き起こす原因はいろいろありますが、なかでも一番影響するのが紫外線です。


老けたくない、シミやシワやたるみに悩みたくないのであれば、何よりも紫外線対策を優先することが大切です。 1年中365日、雨の日も曇りの日も紫外線は降り注いでいるのでUVケアはサボれません。


最近は、紫外線の老化促進については多くの人が知るところとなっているので、顔にはしっかり日焼け止めを塗っている人が増えましたが、 目や目元というと意識していない人がほとんどです。


彫の深い欧米人に比べて顔の平たい日本人は、1.66倍の紫外線を目に浴びているといいます。


なので、UVカット機能がついたサングラスやメガネをしないといけないってことなんです。日本では芸能人がしているようなレンズの大きなサングラスをすると、 調子に乗っているとか、格好つけているといわれることが多いんですが、目や目元の紫外線対策を考えるとあれが正解です。


覚えておきたいのは目や目元への紫外線は、昼間よりも太陽の角度が低い朝や夕方のほうが気をつけないといけないこと、 オフィス街では、ビルの窓の照り返しなどにも注意が必要だということです。

目尻のシワに影響するのは、生活紫外線のUVA

目尻のシワに影響するのは、生活紫外線のUVA 紫外線には生活紫外線といわれるUVAとレジャー紫外線といわれるUVBがあります。両方とも肌老化を促進する紫外線ですが、 目尻のシワに影響するのはUVAのほうです。


UVAを浴びることで真皮にあるハリと弾力を支えるコラーゲンを分解する酵素が合成されてしまうので、 コラーゲンが劣化して、シワやたるみができてしまうんですね。


UVAの特徴としては雲やガラスを通り抜けてしまうということや冬でもかなりの量が降り注いでいるので、 家の中にいても天気が悪い日でも1年中気をつけないといけません。


波長が長いこともあって肌のより深い部分にある真皮層や基底層にダメージを与えてしまうので、肌のハリや弾力を喪失させて、 美肌の生命線である新陳代謝を乱れさせる原因にもなるので、乾燥やシミ・そばかすにも影響します。


多くの人は「紫外線=日焼け=夏場は気を付ける」と思っているため、UVB対策がメインになっていて、UVAについてはガードが甘くなっています。 目尻のシワもそうですが、肌老化に対する影響力はUVAのほうが上なので、気をつけないといけません。


UVA対策と並行して目元ケア! 目尻のシワを防ぐためのアイクリーム特集
Copyright © 2014 目尻のシワに効くアイクリームは配合成分で選ぶ!⇒その理由は?· All Rights Reserved·