首でも手でもなく、一番年齢が出やすいのは「目元」です。

首でも手でもなく、一番年齢が出やすいのは「目元」です。 初対面の人の年齢を判断するときってどこを見て判断しますか?髪の毛(白髪・薄毛)、首の横シワ、手の甲のシワや質感など色々ありますが、 決定的なのは目元じゃないでしょうか?


顔は常に露出しているため紫外線の影響を受けやすく、そのせいで肌老化が一番進みやすいです。 そうした肌老化の影響が真っ先にでてくるのが皮膚が薄く弱い目元なんです。


乾燥、かゆみ、くすみ、クマ、色素沈着、シワ、たるみetc。


といった感じで目元の悩みはさまざまですが、こうしたトラブルが集中するのは、皮膚が薄くバリア力が弱いことや皮脂が少ないため保湿力が弱いといった目元の皮膚に構造的な原因があることが1つ。


さらに1日2万回のまばたきであったり、毎日のメイクやスキンケア時の摩擦など目元の筋肉や皮膚が働き通し&ダメージの蓄積で消耗しきっているというのも目元が老けやすい理由だと思います。


顔の中でも特に重点的にケアしないといけない部分なのは明らかなんですが、実際はというと、トラブルが起こってから、エイジングサインが気になりだしてから やっと目元ケアに取り組むということがほとんどですよね。シワ・たるみは特にできてしまってからでは、対処が難しいので早めのケアが大事です。


目元のケアは早期対策が肝心! 目尻のシワに効くアイクリームの選び方

目元ケアはいつから始めるのがいいか?

目元ケアはいつから始めるのがいいか? エイジングケアについては、症状があらわれる前からはじめるというのが理想といえば理想です。


ただ、


注目 生まれつきの顔立ち(=目の周りの骨格)
注目 アレルギーの有無(目元を引っ掻くなど摩擦をあたえがち)
注目 洗いすぎ&擦り過ぎの間違ったスキンケア


といったことでも目元の老化スピードに大きな差が生まれてしまうので、20代でも目元のシワやクマが目立つ人もいれば、 30代も目力のある若々しい目元の人もいて、一概に何歳から目元ケアをはじめればいいといったものでもないんですね。


「間違いない」と言い切れるのは、皮膚が薄くデリケートなまぶたや目の下の部分を触りすぎると、炎症や色素沈着の原因になるので、 目元が老ける原因になってしまうということです。


アイメイクを毎日バッチリしているとか、アイプチを長年しているとか、結膜炎やアトピーで目の周りがかゆくて掻いてしまうという人は注意が必要です。 特にアイプチはその性質上、まぶたが伸びてしまうので、目尻のシワ、上まぶたのたるみをひどくすると思っておいたほうがいいです。


今すぐ取り組まないといけないことは目元に負担をかけることをやめるということです。


アイプチ経験者は要チェック! 目尻のシワを防ぐためのアイクリーム特集
Copyright © 2014 目尻のシワに効くアイクリームは配合成分で選ぶ!⇒その理由は?· All Rights Reserved·